バンダ VANDA 洋らん 蘭 アスコセンダ VANDA 洋ラン
日本の環境で育て易い品種を充分確認し,販売しております。
国内発送の安全で安心出来る品質重視のバンダをお求め下さい。



これさえ守れば何方でもバンダは咲かせますヨ (^○^)

5月〜11月(春〜秋)

最低気温15度以上

12月〜4月(冬〜初春)

最低気温9度以上

  水と肥料

一年を通して「水やり」は同じやり方をします。冬季も水やりを控えては絶対いけません。
ぬるま湯を根に吸収出来るように与えてください。
霧吹きでの水やりは少なすぎて良くないです。
<水と肥料の与え方>
1.室内や少ない場合はバンダ専用のバケツを用意するの  も便利です。               
2.これに水を汲み置きし、2000倍の薄さになるよう液肥  (ハイポネックス)を入れます。                           3.1〜2日毎(できれば毎日)バンダの根をバケツに5分間  前後浸 けてやります。 バケツの水は何回でも使えます  が、時々交換しましょう。                     
4.充分に根に水を貯えると根の色が白から草色に変化し  ます。このあと、吊り下げて乾かしてやります。 強い風  はよくありません。
5.水と肥料が別々の場合は液肥は1週間に1回1000倍  液を水遣り後に与えてください。夏は少し濃い程度、冬は薄い程  度が良いでしょう。

日照

置き場

★最低気温が10℃以上になれば屋外に出して樹木の木漏れ日の当たる枝に吊るすと喜びます。
直射日光は厳禁!葉焼けを起こしますから 遮光ネット(遮光率60%)下に置いて下さい。
★どんどん雨に当てるようにすると 梅雨ごろ、今年の新しい緑色や飴色の根が多く出てきますが、花には雨は禁物ですので、ビニールなどで蒸れない様雨から保護してください
★最低気温が9℃以下になれば株を凍結させないよう屋内に取り込みます。
★カーテン越しの良く陽の当たる所に吊すか、もし吊ることが難しいときは、水やり後、根を巻いて素焼き空鉢に入れてやります。
★発泡スチロールで株を固定して置鉢にするのも良い方法です。
★暖かい部屋に置くことはいいですが、暖房が強く根の渇きが激しいときはもう一度水分補給してください。
注意事項
1.水やりは早朝か夕方に
   与ます。
2.時々強シャーワーで株
   体を水で洗 ってやりま
   す。そうすれば害虫等
   の消毒をする必要が少
   なくて済みます。
1.水やりは必ず午前中に与え
   ます
2.与える水は温水が好ましい
  (20〜30度)
3.浴室に置くのはよくないです
消毒

“花芽が出現したのに黒くなって落ちてしまった”(冬季に多
い)とよく聞きますが、これは通風不足か軟腐病にかかった
か虫です。
風通しを良くし、また、殺菌剤の1000倍薄め液を月2回散
布すれば予防できます。また、殺虫予防も大切な要素です
ので殺虫剤の散布も春以降行ってください。花芽が出て
来た時も同じように行ってください。害虫(小さい虫で
アザミウマ(スリップス))が原因で枯れる場合が多くあります。
せっかくの花芽を大切にして消毒は必ず行ってください。
薬の内容はメール info◎b-h-b.com
で確認してください。
              ↑迷惑メール対策の為『@を◎』表記

その他

ホルモン剤

★長期間留守にする時は、根の1/5程度がバケツの水に浸
  かるように調節して吊っておくとよいです。
★植え替えは基本的には必要ありません。下葉が取れ見難
  い場合は6月頃に行って下さい。
★開花時期、日照が少ないと花色が綺麗に出ませんので、
  充分太陽光を取り入れて下さい。花の大きさも小さくなる。  
★発酵有機物の『ネバル君』は春から与え、『花吹雪』は花
  芽が出現したらいつでも与えて下さい。どちらも2週間於き
  に(混合でも可)与える事で株も花葉も大きく株も立派にな
  ります。       
★その他質問はメールにて何なりとお聞きください。
  メールは info◎b-h-b.com
         
 ↑ 迷惑メール対策の為『@を◎』表記

有限会社 B・H・B